バイク・車の引越し!輸送費用を見積もり比較

バイク・車の引越し方法と費用の見積もりサイトをご紹介します。また、不要なバイク・車の買取りサイトもご紹介します。

引越し業者によっては、バイク・車を引越し先に輸送してくれるサービスがあります。

ですので、引越しの際のバイク・車の輸送は、

バイク・車の輸送に対応している業者を探して、輸送してもらいます。

こちらで紹介するサイトでは、バイク・車の台数の項目にチェックをするだけで、

自動的にバイク・車の輸送に対応した業者だけが費用を見積もりをしてくれるので、簡単に見積もり比較することが出来ます。

(ちなみに、引越し侍では、バイクの項目で台数を選びます。また車の場合その他の引越し荷物に車と明記してください。)


ここでは下に紹介する見積もりサイトがお勧めです。

引越しの見積りは、普通1社ずつしてもらうのですが、それでは手間ですし、多くを比較できません。

紹介サイトでは、一度入力するだけで、一括で見積りをすることが出来ます。

厳選して上位の3つをご紹介しています。3サイトとも全て無料でご利用できます。

料金だけでなく、サービス内容も合った引越し業者を選んで、満足いく引越しをしていただけたら幸いです。




バイク・車の引越し!輸送費用を見積もり比較 第1位『引越し侍』

『引越し見積り費用』   :無料で見積り出来ます。

『見積できる引越会社』 :200社以上の業者。

『主な引越会社』 :アリさんマークの引越社・アーク引越センター・サカイ引越センター・アート引越センター・ハート引越センター・SGmoving・ダック引越センターなど

『引越し対応地域』    :日本全国に対応。

『その他』           :95.2%の方が次回も利用したい。紹介実績1124万件。

『おすすめランク』     :★★★★★

『コメント』           :私の1番のオススメが、「引越し侍」です。実績満足度も高く、安心できます。オフィスの引越しにも対応しています。また、料金だけでなくサービス内容も比較できるので、条件にあった業者を選ぶ事ができます。私の一押しサイトです。


≪≪≪↓↓↓『引越し侍』の公式ページはこちらです。↓↓↓≫≫≫




バイク・車の引越し!輸送費用を見積もり比較 第2位『引越し価格ガイド』

『引越し見積り費用』   :無料で見積り出来ます。

『見積できる引越会社』 :200社以上の業者。

『主な引越会社』 :アーク引越センター・SGmoving・ダック引越センター・サカイ引越センター・クロネコヤマト引越しセンター・アート引越センター・ハート引越センター・アリさんマークの引越社など

『引越し対応地域』    :日本全国に対応。

『その他』           :料金の差が最大50%も変わってくることもあります。

『おすすめランク』     :★★★★★

『コメント』           :こちらも、上の引越し侍とほとんど同じと考えていただいていいとおもいます。ですので、こちらもかなりのオススメです。最大10社まで一括で見積もり依頼ができます。


≪≪≪↓↓↓『引越し価格ガイド』の公式ページはこちらです。↓↓↓≫≫≫




バイク・車の引越し!輸送費用を見積もり比較 第3位『ズバット引越し比較』

『引越し見積り費用』   :無料で見積り出来ます。

『見積できる引越会社』 :200社以上の業者。

『主な引越会社』 :サカイ引越センター・アート引越センター・クロネコヤマト引越しセンター・ダック引越センター・ハート引越センター・アーク引越センターなど

『引越し対応地域』    :日本全国に対応。

『その他』           :海外の引越し見積もりにも対応しています。

『おすすめランク』     :★★★★★

『コメント』           :こちらもなかなか良いサイトで、94.0%の方が次回もこのサービスを使いたいという満足度をいただいています。利用者も300万人突破しています。また、海外の引越し見積もりもできます。


≪≪≪↓↓↓『ズバット引越し比較』の公式ページはこちらです。↓↓↓≫≫≫




ここから下は、引越しの際に便利なサービスをご紹介いたします。

引越し先に持っていけないバイクの為に、無料買取一括査定のオススメサイト【バイクブロス】


≪≪≪↓↓↓公式ページはこちらです。↓↓↓≫≫≫
バイクブロス

引越し先に持っていけない愛車の為に、愛車無料一括査定のオススメサイト【carview】


≪≪≪↓↓↓公式ページはこちらです。↓↓↓≫≫≫
中古車査定

バイク・車を引越ししたい場合について

引越しを行う場合、家具だけでなく車やバイクがある場合は一緒に移動させる必要があります。

単に移動させれば良いというものではなく、事前の手続きや準備が必要になることもあるので、具体的な流れや方法を知っておきましょう。

引越しをする場合、車やバイクを移動するには新居まで自分で乗っていくのが最も理想的です。

輸送費用もかかりませんし、道中に傷を付けられたり破損する心配もありません。

ただ、北海道から九州などあまりに遠方の場合は、自分で運転していくのは現実的ではありません。

何台も所有している場合などは全てを運転していくのも不可能なので、このような場合は引越し業者に輸送を依頼するようにしましょう。

名前を知られている大手の引越業者であれば、ほとんどこういったものの輸送に対応しており、ノウハウや実績もあるので安心して任せることができます。

ただ、1台当たり数万円の追加費用がかかることになるので、事前に金額がいくらになるかをしっかり確認しておくことが大切です。

費用やサービス内容は引越業者によって様々なプランがあるので、時間に余裕を持って確認しておくようにしましょう。

引越業者に移動をお願いする場合は、いくつか注意しておくポイントもあります。

まず、残っているガソリンは全て抜いておく必要があります。もしガソリンが残っていると、移動中に何らかの原因で発火したり事故に繋がる危険性もあります。

安全に移動させるためにも、ガソリンが残っていないかを確実に確認しておきましょう。

業者によっては事前にそれも行ってくれるケースがあるので、自分でやる前に問い合わせておくと良いでしょう。

また、新居に何日頃に到着するかも確認が必要です。

ほとんどの場合、引越業者はキャリアカーなどで何台もの車を一度に輸送することになります。

このため、自分の新居に届くまでに日数がかかってしまうこともあるので、すぐに使う予定がある時は注意が必要です。

さらに、新居に届いたらまず傷や破損個所がないかも見ておきましょう。

プロの手で運ぶとは言え、作業中にうっかり傷が付いてしまうことだってあり得ます。

輸送前に日付けが分かるものと共に写真を撮っておくと、万が一輸送後にトラブルが見つかった場合でも補償交渉などで有利に働きます。

これらの輸送に関する内容以外に、車やバイクを移動させる場合は手続き上の注意点もあります。

一般的には、引越後2週間以内に様々な手続きを済ませる必要があります。

種類によっては期限が設けられている手続きもあり、スムーズに済ませられなければ使うことができなくなってしまうので注意しましょう。

車を移動させる場合、まずは運転免許証や車庫証明、車検証などの住所変更を行います。

バイクの場合もほとんど同じで、運転免許証の住所変更が必要になります。

こういった手続きをせずに以前の住所のままで使用していると、免許証が本人確認書類として使えないだけでなく何かトラブルがあった際にスムーズな処理ができなくなる可能性もあります。

引っ越しをした場合は、できるだけ早く手続きを済ませてしまいましょう。

このように、車などを移動させる場合は費用も手間も非常にかかってしまいます。

もし都市部で利便性の良い場所に引っ越す場合、交通機関も充実しているため意外とこれまでより使わなくなることも多いです。

毎月のパーキング代やガソリン代、保険代など維持費もかかってしまうので、もし使用する機会が減っているなら思い切って手放しても良いでしょう。

最近ではカーシェアリングを行っている地域やマンションなども多いので、そういった場所を新居として選ぶのも一つの方法です。

様々なケースを考えて、スムーズに引っ越しができるように準備しておきましょう。

バイク・車の引越し!輸送費用を見積もり比較メニュー